専門業者は臨機応変

困る人

調査依頼も可能

家にたくさんの蜂が飛び回るという事態になった場合、どこかに巣を作っている可能性を疑ってみることが必要になります。生活圏に蜂の巣ができている場合、人がそばを通るだけで、巣を襲われると感じた蜂が、一斉に襲い掛かってくる可能性があるのです。家に住んでいる人はもちろんのこと、たまたま通りがかった人も攻撃対象とされる場合があり、責任を問われる場合さえあります。そのため、蜂の巣を見かけた時や、巣ができていることが予想される場合には、早めに駆除の手配を行うほうが無難です。蜂の巣が見当たらない時でも、天井裏や倉庫の隙間を利用して巣を作っていることがあることから、まずは専門業者に連絡、相談してみることが重要です。

周辺の処置も可能

蜂の巣の調査を行い、その場所が見えているところではなく、単なる出入り口として使われ、奥のほうに巣ができてしまった場合でも、駆除することができるのが専門業者です。高いところであっても、その状況にあったはしごはもちろんのこと、場合によっては高所作業車を手配して、対応することができます。駆除をする場合には、天井を破り、暗く狭い通路にまで入り込んで行かなければならない場所であっても、駆除作業ができるのです。駆除作業は暑さや、刺される危険と隣り合わせであるにもかかわらず、専用の防護服などで防御を行い、被害に合わないように対応しています。駆除作業を終えた後は、その後の生活に支障が起こらないように、天井工事も実施することが可能である点も依頼しやすい理由にもなっています。