専門業者に依頼

コウモリ

傷つけない方法で

日本には、アブラコウモリと呼ばれている体長5センチほどの小さなコウモリが生息しています。これは、軒下などにぶら下がることで住宅の外観に悪影響を与える上に、体が小さいことから住宅内にも入り込みます。そして夜になると飛び回って、随所に糞を落とすようになるのです。ところがこういった被害が発生したとしても、個人でコウモリ駆除をおこなうことはできません。なぜならアブラコウモリは蛾などの害虫を餌としているので、むやみにコウモリ駆除をすると、害虫が減りにくくなるため、害虫による被害が発生することがあるからです。そのためコウモリ駆除は、専門業者に依頼して、アブラコウモリを傷つけない方法でおこなってもらう必要があります。

安全な駆除とクリーニング

専門業者は、アブラコウモリを住宅から追い出したり、いったん捕獲してから別の場所に連れて行って逃がしたりします。追い出すためには、アブラコウモリの苦手な匂いを発する忌避剤、あるいは大きな音を響かせる爆竹が使われます。そして捕獲には、テグスを縦方向に多く張ったハープトラップが使われるのです。いずれも殺傷力がないことから、これらを使ったコウモリ駆除後の害虫被害の発生リスクは、低いと言えます。また、専門業者はアブラコウモリが居着いていた場所のクリーニングもおこないます。糞がまき散らされていた場合にはそれを取り除き、病原菌がいた場合を考慮して殺菌作用のある薬剤も散布しておくのです。そのためコウモリ駆除後には、現場の衛生状態は格段に向上します。

害虫問題の対処方法

ハチの巣の駆除を自身で実施すれば短時間で問題は解決できますが、攻撃される危険性はあります。そのため、無理だと感じた場合は業者を頼ることが大切です。また、ハチの巣駆除で業者を利用すると料金を支払うことにはなりますが、刺されるリスクを背負わずに済むので依頼する人は多いです。

巣を作ってしまったら

昔は自然の中に巣を作ってましたが、現在は餌を求めて都市部や郊外でも見かけるようになりました。警戒心が強いので、特に凶暴な蜂ですと近づくだけで襲ってきかねません。自分や近隣住民にトラブルを起こさないためにも、蜂はプロにまかせて退治してもらいましょう。

専門業者は臨機応変

家の周辺に蜂が飛び回っている場合、どこかに巣ができていることを想定しておく必要があります。被害を最小限に抑えるためにも、疑わしい場合には業者に依頼するほうが無難です。専門の蜂駆除業者は、巣の場所がどこであっても、状況に応じた処置を行っています。